Blogブログ

Brew Note 2

2019.8.28.

本日はホワイトエールの仕込みでした。

大量に出る麦芽カスは、
地元で飼育されている羊たちの飼料にしてもらっています。
以前は配合飼料を食べさせていたようですが、
今は草と、このビール製造工程から出た麦芽カスだけだとか。。。
繊維もたっぷりで、旺盛に食べてくれているようなので助かります。

苦みをつけるためのビタリングホップ。
今回24バッチに突入し、より洗練された配合にしています。
微妙な変化を感じて頂けたら嬉しいです。



このタイミングで投入するホップは、苦みを出すために使います。
香り付けは、さらにこの後の工程で調節していきます。

ラベルでは表現できない、微妙な変化をぜひお楽しみください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

JAZZ BREWING FUJINO

サウンドエンジニア・山口 解が熟成させた音を感じるCRAFT BEER

息を止めて ニーナ・シモンのレコード盤にそっと針を落とすように

お気に入りのグラスに FUJINOで生まれたクラフトビールをそそぐ

濃厚な至福の時間がノドを潤す。